高級店でステーキの焼き加減を頼むときのたった一つのポイント

高級店でステーキの焼き加減を頼むときのたった一つのポイント

最近ドリアンの食べ過ぎで、ドリアンがいい匂いと認識してきた昆野です。
早速、タイトルの結論ですが、「お任せ」で頼みましょう。
絶対です。人生損します。
私は熟成肉をやる前は必ず「レア」で頼んでいました。
なぜかというと、「レア」が美味しいという根拠なき妄信があったから。

皆さんもありませんか?
私は熟成肉の業界に飛び込んで、肉の焼き方について、かなり研究しました。
サシがない熟成肉ランプ⇒50℃
熟成和牛サーロイン(A5クラス)⇒45℃
熟成ミスジ(A5クラス)⇒50℃
熟成経産牛(サシ無しおばあちゃん牛)⇒54℃
と、肉の種類、部位、サシの入り具合によって一番おいしい温度が異なってたのです。

つまり、高級店で扱っている肉の性質を一番理解しているのが、シェフです。「シェフにお任せで焼いてもらえば、一番おいしい状態の肉にありつける」
というロジックになるのです。
是非皆さん「お任せ」でやってもらってください。
ーーーーーーーーーーーー
LINEにてここでは言えない、
自分の考え、思いをつぶや
いております。

ーーーーーーーーーーー
×

YAJU